マルチ商法の勧誘パターンはほぼ似た感じ

思い返せば、私のこれまでの人生、マルチ商法に誘われる事、すでに10回は超えてます。

そんなに騙しやすく見えるのか。困ったもんです。

しかし、何だかんだ言ってこれまですべて切り抜けてきてます。勧誘断りのベテランです。

もうマルチ勧誘のパターンには慣れてきました。(嬉しくないけど)

大体いつも似た展開になります。

 

1.何年も連絡を取ってなかった知人から突然連絡が来る。(あるいは会いに来る)

2.久しぶりに会ったのに、急に距離を詰めてくる。

3.現状に満足しているか聞かれる。リムジン

4.夢を叶えたい、いい暮らしをしたい、生活レベルを上げたいと思わないか?と聞かれる。

5.訳の分からない成功話や、夢物語を語りだす。

6.もっと詳しい第三者に会って欲しいと言われる。

7.断ると「何故こんないい話を断るのか」「やらないと損だ」としつこく食い下がる。

8.成功者のサクセスストーリーをこれでもかとばかりに語られる。

9.突然ホームパーティーに誘ってくる。

10.曖昧な説明でよくわからない講習会に誘ってくる。


大体の場合、この6項目の何個かは当てはまります。(時にはフルコース)

書いてておかしくなってきました(笑)

私、もうこれまでの人生で何回マルチに勧誘されてるんだろう。

幼なじみ、高校の同級生、元の職場の先輩、ママ友、ご近所さん、親戚・・・

思い返せば随分いろんな人に誘われてきました。

色々な人に誘われてわかった事が、勧誘のパターンは似たり寄ったりのところがありますが、

誘ってくる人のタイプは何パターンかある気がします。


A.友達を売ってでも成功したい、野心家タイプ

B.本当にいい物だと信じて勧めてくる、洗脳タイプ

C.切羽詰まって誰でも当たれ!のやぶれかぶれタイプ

D.その他

いろんな人私のところに来るのはBかCのタイプが多いんですが、

Aタイプは、もう人としてアウトだと思うのでバッサリ切るのに躊躇ありません。

Cタイプも自業自得だと思うので、同じく。

問題はBです。

このタイプはお人好しが多く、本気モードで「あなたのためになる」と思ってるので面倒です。

まあ結局、バッサリ断るには変わりないんですが、ちょっと心が痛みます。

 

とりあえず、『久しぶりの友達から突然連絡が来る』ってのは、60%は怪しいです。

そして、それが「友達とも言えない程度の知人」だった場合、85%くらいの確率でヤバイです(笑)

もしそういう事があったら、会う前に心の準備をしておきましょう。

(もちろん、ちゃんとした要件の場合もありますので、あくまでも“心の準備”、です)