健康にいいという、超マズイジュースを猛烈に勧められる。

一時期、広告でよく有名タレントが身体にいい果物として紹介していたものがあります。

しかし、これを使ったジュースは身体にはいいけどすごくマズイらしく、テレビで罰ゲームに使われたりしてました。

人間、不思議なもので私はちょっとここの商品を飲んでみたい気持ちがありました。ノニ

でも、すっごく高いんですよ。

なんと一本750mlで、8000円以上します。

いくら身体にいいと言っても、そりゃ高い。

自力で買う事はないな・・・と思っていたら、ある日それが当たる懸賞を見つけました。

応募したらめでたく当選。

期待に胸ふくらませて飲んでみると、これが本当にマズイ!

罰ゲーム罰ゲームにふさわしいまずさです。

頑張って一本飲み切りましたが、自分で買う日は来ないだろうと確信しました。

 

それから数カ月後、

ある日、友人とも言えない知人との雑談で、当たり障りない会話として健康関係の話をしていたら、

突然例の果物のジュースを紹介されました。

(なんだ、なんだ、唐突だな)と思ってると、またこれがマルチや宗教のような独特の熱いトーク。

心の中で、(ああ、きっとこれ、またマルチだな)と私の中の警報が鳴り出しました。

「へえ~そうなんですかあ。そういえばその果物のジュース、一時身体にいいって話題でしたよね」と適当に合わせると、

「そうなの!芸能人の◯◯も△△も飲んでるんだよ」と嬉しそう。

「へえ~そうなんですかー」と棒読みで返事をしてるにも関わらず、あまりその心の冷め加減も伝わってない様子。

「私、その高品質のジュース、仕入れたりできるんだよね。取り寄せる?」

「いえ、特に必要ないです。必要なら自分で買いますんで。でもアレ、強烈に不味くないですか?」と言うと、

そこは完全スルーで「じゃ、機会があったら連絡してね。これ名刺。」

「はあ・・・・」

またしてもマルチなのか・・・と思って名刺を見ましたが、案の定、先日飲んだあの激マズジュースの会社です。

家に帰って検索したら、出るわ出るわ、悪評の嵐。

やっぱりネットワークビジネスの会社だったみたいです。

関連サイトを見ると、「この素晴らしいものを周囲の人にもおすすめして感動のリレーを」とか

なんだかすごい事が書いてあったりして、こりゃ要注意だわ、と心に刻みました。

懸賞に当たった事で、住所が知られて勧誘の電話でも来たらどうしよう・・・とビビってましたが、

勧誘はその知人だけで、会社からは来ませんでした。セーフ。

このジュースを売ってる知人は、本気で「このジュースで全ての人を救える!」くらいの洗脳状態で、

恐いくらい真剣に良さを訴えてました。

終いに、そのジュースの在庫を抱えすぎて家庭が壊れてしまいました。

おそるべし、ノ◯ジュース、おそるべし、モリ◯ダ!