これが生保レディの勧誘ノルマなんだな、と実感。

生命保険。

それは困ったときに助けてくれる大切なものだけど、一度入ればずっと払い続ける高い高い買い物。

頻繁に、解約・乗り換え・再契約したりするものでもないですよね。

それなのに・・・かなーりしつこいですよね。生保レディの勧誘。

実は、通常の保険商品の勧誘以外にも、生命保険会社からの勧誘があります。

それは「生保レディへの勧誘」です。保険

生保レディには、保険商品のノルマもありますが、新しい生保レディを勧誘するってノルマもあるらしいんです。

私は、以前勤めていた職場の先輩から、

「研修だけでいいから、受けてみない?生保レディには別にならなくていいし。

保険の勉強になるし、資格もとれるよ。弁当も出るし、日当も出るし。」と誘われました。

当時私は、寿退社で仕事を辞めたばかりだったので、時間に余裕があり、通うのは可能でした。

先輩からのうまい誘いに、「お小遣いもらえて勉強できるなんていいじゃん!」と思いつつも一人だと不安なので、

専業主婦だった姉と、私の友達二人の合計4人で研修に通うことにしました。

毎日毎日昼食、日当付きの保険学校に通ってる気分で、結構楽しく通ってました。

 

資格試験の二日前までは。

 

確か10日くらいの研修期間だったと思うのですが、最後に生保レディになれる資格の試験を受けるのです。

おそらく、それを受けて、受かって、初めて連れてきた人の勧誘実績になるんでしょうね。

試験の数日前、模擬試験のようなものがあって、余裕で合格の点数だったので、安心していたんですが、

夜になって実家から「祖母が危篤」との連絡がきました。

祖母はしばらく入院してたので、ある程度覚悟は出来てましたが、やはりショックでした。

もしかしたら試験は受けられなくなるかもしれないので、その旨、紹介してくれた先輩に連絡しておきました。

結局、生命保険の研修の試験の前々日、祖母は他界。

地方で葬儀が行われるので、やはり試験は無理です。

「すみません、結局今日、祖母が亡くなってしまったので私と姉は試験を受けられない事になりました。

ご迷惑おかけして申し訳ありません。」と先輩に電話をすると、

開口一番、悔みの言葉もなく、

「え~そうなんだ。二人ともって事だよね?あ~ 困ったな。途中で抜けて試験だけ受けるって無理かな。」

 

講習会もう呆れて言葉も出ませんでした。

彼女の成績になるには、試験を受けさせてナンボだっって事はわかりますし、

二人同時にNGが痛手だとはもちろん理解できますが、人としてこれは無し。人格疑います。

 

「・・・地方なんで無理です。失礼します。」と電話を切りました。

昔は優しい思いやり深い人だったのに、こんな風になっちゃったんだ・・・と寂しくなりました。

 

通夜の為に、隣の県の葬儀会場に行くと、翌日また電話がかかってきました。

「明日、やっぱり無理だよね?」

「・・・試験と告別式の時間が30分しかありません。そしてここは会場から200キロ離れてます。」

「・・・わかりました。仕方ないですね。」

「お気持ちはわかりますが、おかしくないですか?悔みの言葉もなく、自分の都合ばかり。

ご迷惑おかけした事はお詫びしますが、正直、本当に失望しました。

葬儀会場まで電話かけてきて、抜けて保険の試験を受けろって、非常識すぎませんか。

私には理解できません。失礼します。」


結局、試験は受けずに研修は終了。

先輩には腸煮えかえってましたが、一応迷惑をかけたのは事実なので、後日挨拶に行きました。

棒読みで「ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。」と菓子折りを渡しました。

時間が経って、さすがに自分の非常識行動に気付いたらしい先輩が、

とってつけたように、「ご愁傷様でした。大変だったね。」と言ってましたが、「いえ。」と短く答えてすぐ帰りました。

 

生保レディになって人格さえ変わってしまった先輩。

その後、出世のために自腹で架空契約までしてノルマ達成に励んでいたようですが、

不祥事を起こして解雇になったらしいです。

その日から一度も会ってません。 もう一生会わないと思います。

 

生保レディ研修、日当と弁当付きのオイシイ話だと思いましたが、迂闊に乗って失敗しました。

皆さんも、こういう話があったら、やる気もないのにバイト感覚で受けると面倒な事になる事があるので、どうぞ慎重に。