マルチ商法で成功を夢見る浮かれた旧友に喝。

また来た。 20年ぶりの元友達。(すでに“元”)

中学校の時の部活が一緒だったS子がひょいと訪ねてきた。

しかし、今回は知ってました。 S子がマルチ商法にハマって誰にでもアタックしてるって。

地元は田舎なので彼女の行動はもうすっかり噂で、うちの父さえも知ってます(笑)

それなので、内心「来た来た」と思いつつ、S子がどんな風に私に勧誘を仕掛けてくるのか観察したろ、と

大して話すこともありませんでしたが、S子からのご飯の誘いに応じました。

 

最初はまあ無難に中学校時代の思い出話をし、共通の友人の近況を聞き、

いよいよ本題です。

「エミさぁ、今の生活に満足してる?」

でた。お得意の切り口。 これってマニュアルなんだろうな。

まあ満足してると答えると、

「エミは夢って無いの?もっといい暮らししたいとか、海外旅行に行きたいとか。

私はあるよ。そしてその夢に向かって今、副業頑張ってるんだ。

私の先輩はさ、これで頑張って年に5回海外旅行に行って、車はポルシェだよ。すごくない?」

早い!(笑) もうはや副業切り出してきた。調子に乗ってきたからそろそろ言ってやろ。

「あのさぁ、S子。もしかして久しぶりに私に会いに来たのって、これの勧誘?」

「いや、そういう訳じゃないよ・・・」

「そのS子が言ってる副業って何すんの。鍋売ったりサプリ売ったりするわけ?

商品がいいいいって言うけど、何で普通に売ってないの。」

「いや、うちの会社は店舗を構えない事で直接お客様に良さを伝える形をとってるから・・・」

「そんなに商品が良ければこんな勧誘しなくたって売れるでしょ。

だいたい、人を勧誘して自分にバックマージンってシステム自体、マルチ商法だよね?

私はその先輩とやら、全然羨ましくないよ(笑) だって、そのお金って何で稼いだお金?

このマルチ商法ででしょ?友達売って稼いだ金でポルシェ乗って得意顔か。それになりたいって事?

S子、副業頑張ってるって言ったよね。今、私を引き入れる事に頑張ってるんだよね(笑)

私を売っていくら儲かるの?私にも同じことやれって事?嫌です。絶対イヤ。

私には自分の利益のために売っていい友達なんていないから。」

 

言っちまった・・・。

S子、しばし沈黙。 ついでにもう一押し。

 

「あのさぁ、私、何回もその副業やってる人から勧誘されてるけどさ、誰も成功してないよ。

 誰かれ構わず勧誘しまくって、友達無くして、結局在庫抱えて終了~って人が多いよ。

 S子、自分は違う、って思ってるなら、私なんて引き入れなくてもきっと成功するだろうから、他の人当たって。」

 

気まずい沈黙が二人の間に流れ、私たちはその重い空気のまま別れました。怒り

 

 あ~あ、一緒にバレーボールやってた日が遠い。

もう私たち、友達じゃない。

マルチに勧誘された時点で、私の中でジ・エンド。

でも、マルチに誘おうってセレクトされた時点で、彼女の中でも友達じゃないんでしょうね(笑)

トホホな両思い。 もうお腹いっぱいです。